スポンサードリンク

タイブレーク(タイブレイク)とは?

ここでは、タイブレークについて詳しく解説します。
(「タイブレイク」とも表記します)

 

タイブレーク(タイブレイク)に入る条件

ここで解説する「タイブレーク」とは実力が均衡している
プレイヤー同士の試合において使われるルールのことです。

 

前の記事で、「1セットは基本的に6ゲーム先取である」と説明しましたが、
実は「最低2ゲーム差をつけなければいけない」というもう一つのルールが存在します。

 

 

つまり、お互いのプレイヤーが「キープ」を続けてゲームカウントが
「5対5」になったと考えてみてください。

 

次のゲームにどちらかが勝てば「6対5」になりますが、
「最低2ゲーム以上差をつける」ことができていませんよね。
勝負をつけるには更にもう1ゲームを行う必要が出てくるわけです。

 

この場合、次のゲームで「7対5」になればセットは終了しますが、
「6対6」になってしまう場合もあります。

 

テニス

 

 

タイブレイクのルール

ここで初めて「タイブレーク」というルールが適用されます。

 

タイブレークとは、「6対6」となった次のゲームを12ポイント制でスタートし、
「2ポイント差をつけて7ポイントを先取」するか、
「6ポイント同士になってから2ポイント連続で先取」したプレイヤーを
そのゲーム(及びセット)の勝者とするというルールです。

 

タイブレークのルールは少々分かりにくいかもしれませんが、
まとめると、「相手にから2ポイント先取」が条件であることが分かると思います。

 

テニス

 

 

また、タイブレークで2ポイント先取して勝利するとそのセットの結果は
ゲームカウント「7対6」と表記されます。

 

試合結果を見て、2ゲーム以上差がついてないのはおかしい!と思うのも当然ですが、
これはタイブレークが行われた場合にのみの例外的な表記です。
審判やプレイヤーが間違っているわけではないので注意してくださいね。

 

 

ファイナルセットだけ違う?

ちなみに、通常ファイナルセットは、タイブレーク制を採用せず、
2ゲーム差が付くまで、戦う大会が多いです。

 

なので、場合によっては最後のセットだけ、
ゲームカウント「9-7」「11-9」なんてスコアもありうるわけです。
(ただし、四大大会のうち全米オープンだけはファイナルセットでもタイブレーク制を採用しています)


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラムの特徴

試合に勝つために大事なのは、「技術」ではなく「戦術」だった! ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。ダブルス専門のDVDマニュアル!